すでに様々なところで活用

GPS

多くの人を後押し支援

携帯電話やスマートフォンへのGPS機能搭載により、GPSは身近な存在となっています。しかし他にもいろいろなところで活用されているという事は、意外に知られていません。この便利な機能を広く活用することで、大きな可能性が生まれてくるのです。例えば環境保全にも一役買うことが出来ます。山林などでGPSを使った測量をすることで、より精度の高い値を得ることが可能になります。またその値をその場で入力しデータ化することで、そのデータを基にして3Dなどの立体図面に起こすことも可能です。データとして保存しておくことで、過去の状況とすぐに照らし合わせることが可能になり、地面の隆起や災害時の被害把握などに役立てることが出来ます。実際、すでに地殻変動の調査にはGPSは使用されており、地震や火山などの予見に期待されています。また車に搭載することで、走っている車両数や速度を把握することが出来、渋滞予測などを最新のデータで提供することが出来ます。タクシー車両では客からの要請に対し、GPSを使って最も近くにいるタクシー配車することが可能で、待ち時間を減らすことも出来ます。広く知られているナビゲーションシステムにおいても、車だけでなく歩行者や自転車、船舶むけのナビゲーションもあります。そして視覚障害者に向けて、音声でわかりやすく案内してくれるサービスもあります。こういったアプリを利用することで、今まで外出先で困ることが多かった人たちが、楽しんで外に出られる機会を作ることが出来るのです。このようにGPSは今後ますます活用されることが期待されています。