高度な対策がより身近に

カメラ

選定は比較が大切

従来のレコーダータイプとは異なり、複雑な配線いらずのSDカード防犯カメラが注目されています。大がかりな工事が必要ないため、コストが大幅に削減でき、強力な防犯対策がより身近になったと評判です。SDカードタイプの防犯カメラは需要の高まりに合わせ、新商品が次々と登場しています。しかし、多彩な機能で高額、または新しければ良いわけではありませんので、十分に比較したうえで購入すると良いでしょう。メリットもあればデメリットもあるのは当然のことであり、弱みを把握することで対策が立てやすくなるからです。レコーダータイプの防犯カメラと比較した場合、SDカードは記録時間が短めとなります。電源を入れて記録を続けた場合、肝心な犯行現場が入っていなかったという事態も発生するでしょう。つまり、暗視や画質ばかりに重点を置いてしまい、肝心な記録に関する機能を見逃すと失敗につながります。だからといって対策が無いのではなく、動きを感知して記録を始める防犯カメラも選択可能です。また、エンドレステープと同等の機能として、繰り返しの記録が可能な防犯カメラも存在しています。SDカードタイプの防犯カメラ選びは、レコーダータイプの能力をカバーする機能がポイントです。安価・軽量で簡単設置を謳うSDカードの防犯カメラもありますが、本体ごと盗難されてしまっては意味がありません。対策としては取り付け場所を選ばないタイプ、または室内設置型の選択で解決します。