低コストの防犯対策

防犯

カメラを設置する方法

日頃、家を留守にすることが多く、空き巣に遭わないか不安……そんな方におすすめなのが、防犯カメラの設置です。そこまでするお金がない、と思われる方もいるかもしれませんが、家庭用の防犯カメラは、以前よりも格段に安く設置できるようになりました。その理由は、ネットワーク技術が発達して、IPを用いた家庭用の防犯カメラが普及することとなったからです。安いものは、一台一万円以下で手に入れることができます。もちろん、お金に余裕があれば、警備会社と契約するのがよいのですが、家庭用の防犯カメラを買えば、低コストで防犯対策を行うことができます。さて、家庭用の防犯カメラを購入する場合、どのような商品を選べばよいのでしょうか。重要なのは、どういう時間帯にどこを監視したいか、という目的意識です。防水機能があるカメラは、少し高いですが、屋外に設置したい場合は耐久性能が要求されるので、買わざるを得ません。逆に言えば、室内に無駄に高級な防犯カメラを設置する必要はないのです。また、夜の時間帯を監視したいなら、暗視機能のあるカメラを購入すればよいでしょう。暗視機能のあるカメラには、赤外線カメラと、低照度カメラがありますが、おすすめなのは低照度カメラです。少しの明かりがあれば、鮮明に光景が映し出されます。近所に街灯がある場合は低照度カメラにするとよいでしょう。ただ、屋内の場合、人の気配に反応するセンサーライトと普通のカメラを取り付けたほうが安く上がるケースもあります。

防犯カメラ

防犯に役立つ設備

防犯カメラはSDカードを使用するタイプが人気になっており、性能の優れた防犯カメラを購入することで長時間の録画が可能になります。長時間の録画を行いたい場合には大容量のSDカードと、多くの解像度に対応している防犯カメラを選びましょう。

GPS

すでに様々なところで活用

スマートフォンへの搭載により、GPSは身近な存在です。実はすでに様々なところで活用されています。GPSを使った測量は精度が高く、環境保全や地震・火山の予見に使われています。ナビゲーションシステムでは、歩行者や船舶、視覚障害者向けのサービスもあり、外出を躊躇っていた人たちの後押しになっています。